※料金はご利用プランによって異なります。契約期間中の途中解約は別途違約金が発生します。詳しくはお問い合わせください。

内見から家賃集金・業者への発注管理など、

バックオフィス業務の自動化を実現。

不動産管理にかかる余計なコストを削減しました。

※不動産オーナーアプリ「Residence for Owner」の概要図

不動産経営のバックオフィス(不動産管理)業務に関するデータをクラウドで連携し、 業務の自動化を実現し、経営を見える化できることがiOwner(アイオーナー)の強みです。

全国の仲介業者をつなぐ

空室サイトでリーシング強化

仲介業者が閲覧する専用サイト(空室サイト)の活用により、オーナーの物件を効率よくアピールすることでリーシングを強化。

完全無料で

アップデートが可能

不動産オーナーアプリ「Residence kit for Owner」は、ユーザビリティーの向上、改善のためのアップデートを、全て無料で提供します。

バックオフィス業務の効率化により

空室リスクが軽減

退去の連絡から入居付まで、今まで電話やメールでかかっていた業務報告を不動産オーナーアプリ「Residence kit for Owner」で完結。募集開始までの時間を大幅に削減できます。

初めてでも安心

専任コンシェルジュによるサポート

専任のチャットコンシェルジュが、オーナーの不安やお悩みを徹底的にサポート。アプリのチャット機能を活用し、お困りごとを迅速に解決します。

アプリだから

いつでもどこでも便利

データをクラウドで連携しているため、不動産オーナーアプリ「Residence kit for Owner」から、お持ちの物件情報をサクサク確認できます。

煩雑になりがちな

書類管理をデータ化

賃貸借契約書や各種工事見積書、収支報告などバラバラになりがちな書類が、不動産オーナーアプリ「Residence kit for Owner」からいつでも確認できるようになります。

iOwner(アイオーナー)は不動産経営に関わる様々なバックオフィス業務の効率化をサポートします。退去の連絡がきてから次の入居者を決めるまで、アプリからサクサク確認できるので手間も時間もかかりません。

※不動産オーナーアプリ「Residence for Owner」の概要図

退居受付→募集開始

退去の連絡が通知され、募集スタート。従来行われていた電話でのやりとりやメールでの確認にかかる時間が大幅に短縮され、空室リスクを軽減することができます。

内見状況確認

仲介業者が閲覧する専用サイト(空室サイト)における、入居希望者のアクセス状況が確認することができ、ご自身の物件の反響を確認することができます。

契約完了

契約完了通知の後、賃貸借契約書もアプリ内のストレージで確認することができるため、複数物件を所有しているオーナーも書類の一元管理でできます。

不動産経営のバックオフィス自動化をサポートする iOwner(アイオーナー)の料金体系

管理会社を変更しても、家賃滞納保証も継続してお受けしております。

見直しに関する様々なご不安やお悩みなど、是非お気軽にご相談ください。

アプリで不動産経営を自動化させるiOwner(アイオーナー)は、不動産オーナーの声を元に作られた不動産管理サービスです。今後もより良いサービスへアップデートしていくために、当社の専任のコンシェルジュが丁寧にご案内致します。

管理料のコストダウンだけでなく、収支計画の相談ものっていただけますか?

もちろんご相談可能です。コストダウンと収益アップによる収支の改善を一緒に目指しましょう。

i0wner(アイオーナー)の管理料の月額料金は本当に0円ですか?

はい、本当です。期間限定のキャンペーンとなりますので、お早めにお申し込みください。(2020年12月末まで) 管理料以外の料金(清掃費や工事費など)は別費用となります。

i0wner(アイオーナー)の管理料金体系はいつから起算されますか?

契約締結日からです。

現状の不動産管理会社から「移行の際に家賃滞納保証は引き継がれない」と引き止められました。

特約がない限り基本的には引き継がれますので、安心してご相談ください。詳細はお問い合わせください。

Copyright © TATERU, Inc. All Rights Reserved.